任意売却

任意売却にするべきか競売にするべきかお悩みの方、ご相談ください。
 

住宅ローンの返済が滞っている方!弊社が悩みを解決します!

◆ 金融機関から住宅ローンの支払いの督促状、催告書が届いた!

◆ 住宅ローンの一括返済を求められている!

◆ 担保不動産競売決定通知が来てしまった!

◆ 現在の状況では住宅ローン支払の継続はできそうにもない

 

一般的に任意売却が有利と言われていますが必ずしも有利とは限りません。当社は債務者にとって任意売却より競売が有利な場合は競売を勧めます!

任意売却とは? 
 ◆オーバーローンのため返済しても売却できない

◆住宅ローンが払えず延滞している

◆債権者から期限の利益が喪失されましたという通知が来ている

◆裁判所から不動産差押え及び競売開始決定通知が来た

 このような状況になると通常は担保となっている不動産を売却しても住宅ローンを完済することはできないため債権者の合意が得られなければ不動産を売却することはできません。しかし完済する見込みがないわけですから債権者から売却が許可されることは通常あり得ません。そこで債権者と売却後に残る住宅ローンの返済方法などを交渉することで売却許可をもらい不動産を売却することを任意売却といいます。
 差押、競売になっているような場合でも取り下げてもらい競売で落札される予想金額より有利な価格であれば任意売却にて債務整理をする選択肢もあります。
 但し最近の傾向として競売落札金額が物件にもよりますが非常に高額に落札されており必ずしも任意売却が有利とは限りません。そのため任意売却で債務者が債権者に相談しても価格がなかなか折り合えず売却ができないケースが増加しています。
 そこであえて弊社は任意売却を勧めません。但し有利に売却できる場合もあるので両建てで行っていただき有利な条件で売却できない場合は競売になることを勧めます!

競売が有利な点
●最近のデータとして任意売却より高額に売却できる可能性があり債務残高が任意売却より少なくなる可能性がある。
●期間入札、強制執行まで時間的猶予があるのと居住を継続することができるので引越や再スタートするための準備ができる。

競売が不利な点
●売却価格はあくまでも入札ですので高額に売却できるのはあくまでも可能性でありいくらで落札されるかわからない。
●落札者からの引越代が見込めない。(見込める場合もある)

お問合せ TEL03-5310-6173 
もしくはお問合せフォームよりご連絡ください。